アパート投資☆お役立ちガイド

TOP > アパート投資の豆知識 > アパート投資の失敗例から学ぼう

アパート投資の失敗例から学ぼう

 最近流行りの投資にアパート投資があります。
手持ちの資金が少なくてもはじめられるとの触れ込みから、今まで不動産投資を行ったことの無いような人にまで浸透していきました。
しかし、そんな中には利益が出せると思ってアパート投資をはじめたものの、失敗して負債を抱えてしまった等という人も少なくないようです。
まず、アパート投資に失敗してしまう人の特徴として、投資をはじめた動機が人が儲かるからといってやってみた等の、将来の明確なビジョンが無いまま投資を行ってしまうというような傾向があります。
当然のことながら、アパート投資は必ず儲かるという性質の投資ではありません。
その地域でのアパートの需要や利回り等、必要な情報を調べないで不動産会社に言われるがままに投資を行ってしまい失敗するといった例が後を絶ちません。
アパート投資以外にも、資金づくりの為の投資は数多くあります。
何故アパート投資でなければいけないのか、この地で一番有効な投資法はアパートへの投資なのかという事を下調べした上で、アパート投資に臨む必要があります。

 次に多い失敗例が、新築アパートならば大丈夫高をくくって失敗してしまうケースです。
日本は特に新築という言葉に敏感な傾向にあるため、新築アパート投資なら間違いないと思い、新築物件を手にした時点で安心してしまう人も少なくありません。
しかし、今は新築という言葉だけではすぐに入居が決まらない時代になっているのです。
その理由には色々ありますが、新築という言葉に弱いとの傾向に応じて新築のアパートが多く建てられるようになりました。
その結果、新築アパートが飽和状態になり、新築という言葉に魅力が少なくなってしまった事が大きいとされています。
また、近年の価値観の多様化や、古い物件でも室内のインテリア等を変える事等によって古さを感じさせないような工夫の方法がネット等ですぐに調べられるようになったという事も大きな要素といえます。

 その他の失敗例として、資金ゼロでも良いとのうたい文句に乗せられて、本当に無資金の状態でアパート投資をはじめてしまって失敗をしたというケースです。
確かに、投資をはじめるだけならば資金ゼロでもはじめる事は可能です。
しかし、現実的にはアパートを貸していくと空室リスクや家賃の滞納、室内の修繕等の費用がかかる事は避けられません。
そんな時に本当に資金ゼロからはじめてしまうとそのために借金をしてしまい、その借金の金利がどんどんと増えて行ってしまい結局損をしてしまうという事態に陥り、アパートを手放してしまった等という人も少なくないようです。
リスクが比較的低いとされるアパート経営においても、リスクがゼロではないという事をまず理解する必要があります。
そしてその上でどの程度の資金があれば新たに借金をしなくて済むかという事を判断しましょう。

カテゴリー